09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

「木と森にかかわる仕事」(創森社)公式ブログ__既刊「森林で働く」ブログはここ!

ツリークライミング、チェーンソーアート、知床、屋久島ネイチャーガイド、バイオリン職人など、森林・林業のロハスでエコな人たち
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


木と森の話題はここ!
| - | 2011.05.18 | | - | - |トップページへ
<< 道とサンポット ペレットストーブ開発 使い勝手良し、温暖化防止に一役 | main | 村の宝森を売り込め  >>
間伐材で果樹の支柱開発 「最上地域研究会」
間伐材がいろいろなところで利用されるといいですね。

間伐材で果樹の支柱開発 「最上地域研究会」

■山形新聞ニュース
2007年12月28日(金) 10:47

間伐材を活用した果樹用の木製支柱「力もち」=金山町・匠まさの
 最上地域の森林組合と金山町内の工芸店などで組織する「最上地域間伐材利用研究会」が、間伐材を活用した果樹の支柱「力もち」を開発し、販売を始めた。間伐材の有効活用策として注目されている。

 果樹栽培農家の「実が熟すに従って、重みで枝が折れてしまう」という悩みをヒントに、木製支柱を開発した。果樹や雪の重みで枝や幹が傷む被害を防ぐため、アルミ製の支柱を使う農家が多いが、重さに弱く、一度曲がってしまうと使えないという難点があった。木製支柱は曲がることなく15年は使えるという。

 製品名は「力もち」。先端にプラスチック製の部品を取り付け、枝を支えやすいようにしている。長さ2−4メートルで、50センチごとに5種類。値段は長さによって変わり、580円から1000円前後まで。支柱を製作している匠まさのの正野正剛会長は「研究を重ね、より安くていい物を提供したい」と話している。

 研究会は、最上広域森林組合と金山町森林組合、匠まさの、出羽工芸で組織し、間伐材を活用した製品開発に取り組んでいる。間伐は、貯水や土砂崩れの防止など、森林の機能維持に不可欠な作業。国産材価格が安い一方、山からの搬出コストが高いため、間伐材のほとんどが利用されないまま放置されている。




木と森の話題はここ!
| 国産材製品 | 2007.12.29 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(1) |トップページへ
スポンサーサイト

木と森の話題はここ!
| - | 2011.05.18 | | - | - |トップページへ
comments
comment









trackback URL
http://kitomori.jugem.jp/trackback/95
trackback
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | - | 2007/12/29 1:05 AM |
SELECTED ENTRIES
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394
にほんブログ村 環境ブログへ
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
LOUISGARNEAU
ARCHIVES
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
使える!
ファーストサーバ
木のおもちゃ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
by-nc-nd
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.5/
http://kitomori.jugem.jp/?mode=license
MOBILE 
qrcode
OTHERS  
みんなのブログポータル JUGEM