09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

「木と森にかかわる仕事」(創森社)公式ブログ__既刊「森林で働く」ブログはここ!

ツリークライミング、チェーンソーアート、知床、屋久島ネイチャーガイド、バイオリン職人など、森林・林業のロハスでエコな人たち
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


木と森の話題はここ!
| - | 2011.05.18 | | - | - |トップページへ
<< 村の宝森を売り込め  | main | ウガンダで「バイアグラの木」絶滅の危機、地元住民男性ら不安の声 >>
間伐材でログハウス 中川のNPO講座
長野県中川村の取り組み。ログハウスに住みたいです。

 中川村四徳の活性化に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「山里の暮らしと豊かな森を守る会」が今年度講座を設け、自分たちで間伐したカラマツ材を使ったログハウス造りが進んでいる。中にはチェーンソーを持つのも初めてという受講者もいたが完成に近づいてきた。

 四徳にある四徳温泉森林体験館に近い四徳川沿いの村有地を利用。チェーンソーの扱いから講習を始め、周辺のカラマツを切り出して搬出した後、切りそろえ、削って造材。丸太を組み立て、広さ約10平方メートルの1棟を建てている。

 講座は、ログハウス建設が間伐材活用の手立ての1つになればという試み。4回シリーズで9月に開講し、講座自体は12月下旬に閉講したが、終了後も同会メンバーや希望する受講者が作業を行い、今年度中に完成の予定。同会は来年度以降も1棟ずつ増やし、将来はログハウス村にしたいとも構想する。

 受講者は上伊那地方や松本市などから参加した約15人。受講するうちに自分のチェーンソーを購入したという駒ケ根市の酒井比呂志さん(42)は「森林の知識がなく、木を切れば必ず利用されると思っていたが、現状は運び出すのに費用がかかって倒されたままになっていることが多いと聞き、びっくりした。せっかく習った技術。これからは手始めに犬小屋を作りたい」と話す。

 建設作業は専門家の佐藤吉勝さん(55)=秋田市=が指導している。佐藤さんは「皆さん真面目で、向かう姿勢が違う。来たかいがあった」と話している。




木と森の話題はここ!
| ロハス住宅 | 2008.01.04 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |トップページへ
スポンサーサイト

木と森の話題はここ!
| - | 2011.05.18 | | - | - |トップページへ
comments
comment









trackback URL
http://kitomori.jugem.jp/trackback/97
trackback
SELECTED ENTRIES
サイト訪問者はマイミク歓迎!
mixi ID = 25394
にほんブログ村 環境ブログへ
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
LOUISGARNEAU
ARCHIVES
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
使える!
ファーストサーバ
木のおもちゃ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
by-nc-nd
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.5/
http://kitomori.jugem.jp/?mode=license
MOBILE 
qrcode
OTHERS  
みんなのブログポータル JUGEM